映像制作ノウハウ 2017.5.10

iPhoneで楽しく動画や写真を撮ろう! 第1弾!写真機能紹介!

みなさまこんにちは。
GWも平日もフラットな日々を送っている八兵衛です。

よろしくお願いします。

今回から数回に分けてiPhoneのカメラ機能を紹介したいと思います。

カメラ機能について

iPhoneのカメラは動画と写真の両方を撮ることができます。

ザックリ書くと↓こんな感じ

動画=タイムラプス(写真を一定時間おきに撮影して繋げたもの)、スロー(文字どおりスローで撮影できます)、ビデオ(動画を撮れます)

写真=写真(静止画とちょっとだけ動く写真が撮れます)、ポートレート(背景をぼかした写真が撮れます)、スクエア(四角い写真が撮れます)、パノラマ(好きな大きさのパノラマ写真が撮れます)
今回から一つずつ紹介していきたいと思います。

機能紹介

では早速カメラを起動しましょう!

カメラアイコンをタップします。

 

「写真」機能

カメラアイコンをタップした際、特に設定を変更していなければ最初に表示される撮影モードは写真だと思います。

今回はこの写真機能をご紹介します。

iPhoneを縦に持てば縦画像、横に持ち変えれば、横画像の写真が撮影できます。

普段は横画面で撮影することが多いと思いますので、横にした際に右にホームボタンがある状態で説明していきます。

もうご存知の方がほとんどだと思いますが、画面の右にある白い丸がシャッターです。

そして意外と知られていませんが、iPhoneの音量調整ボタン(+、ー)もシャッターになってます。

 

撮影機能のメニューは画面の左に並んでいます。
左上からフィルター、タイマー、LIVE、HDR、フラッシュです。
一つずつ説明していきましょう。


 

フィルターについて


撮影時に写真を白黒にしたりできますが…、普通に撮影してあとから加工する方が便利なので、ほとんど使わないと思います。

 

 

タイマーについて


文字どおりシャッターを押してから何秒後に写真を撮るか設定できます。

3秒か、10秒が選べます。

 

LIVEについて(iPhone6s以降の機種で使えます)


花火みたいなアイコンの「Live Photos」では、LIVEをオンにして撮影した写真をググッと押すと、写真が動いて音も出ます。
つまり動画です(笑)

シャッターを押した瞬間の前後1.5秒間ずつ、合計3秒の動画が撮れます。
打上げ花火がドーンと広がる瞬間や、くす玉が割れる瞬間など、動きのあるちょっとした瞬間を記録するのに使えます。

以前の記事で書いたお手軽動画制作の機能では自動で動画に変換して使ってくれますのでオススメ。


 

HDRについて


逆光や夜の街での撮影など、明るいところも暗いところも両方写したい!というあなたにぴったりの機能がこちらです。
自動にしておけばiPhoneが自動で判断して、綺麗な写真を撮ってくれます。


 

フラッシュについて


暗いところで撮る時に使いますが、不自然な写真になったりします。
iPhoneのカメラは薄暗い程度ならフラッシュなしでも綺麗に撮れますので、必要な時だけオンにするのがオススメです。

 

ズームについて


画面内にある「丸の中に1x」のマークを押すとズームできます!

でもiPhone7Plus以外の機種では撮影した写真を拡大しているだけ(デジタルズーム)で画像が荒くなるのであんまり使わない方がいいと思います。


どうだったでしょうか?意外と自動にしておけばお任せで綺麗に撮ってくれるので撮影したくなりませんか?
次回も続々と機能を紹介していきますので
お楽しみに!!!

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク