映像制作ノウハウ 2017.5.12

iPhoneで楽しく動画や写真を撮ろう! 第2弾!その他写真機能紹介!

良い子のみんな〜?元気かな〜?

夏休みはバリ島のプールで彼女と楽しく過ごす妄想を楽しんでいる八兵衛です。

よろしくお願いします。

今回はiPhoneのカメラ機能紹介の第二弾、その他の写真機能の紹介をしたいと思います。

 

今回ご紹介する機能について

ポートレート(背景をぼかした写真が撮れます)

スクエア(四角い写真が撮れます)

パノラマ(好きな大きさのパノラマ写真が撮れます)

 

機能紹介

では早速カメラを起動しましょう!
カメラアイコンをタップします。

 

ポートレート機能(iPhone7Plusのみ)

この機能はiPhone7Plusのみ使える機能で、背景をぼかしたい時に使います。

カメラが起動したら縦画面のまま画面を右から左にスライドさせるように指でなぞってください。
横画面の時は上から下になぞればモードを変更できます。

そうするとポートレートモードに切り替わります。
基本的に撮影終了モードの切り替えは同様に左右に画面をスライドさせて行います。
あとは普通に撮影するだけですが、撮影したい被写体から2.5メートル程度離れる必要があります。(実際はもっと近くても大丈夫)
自動で背景がぼやけて画面の下の方に「被写界深度エフェクト」と表示されればオッケーです。
画面を見ながら背景がぼやけるまで離れたり近づいたりすれば簡単に調整できます。



ちなみに、背景をぼかした写真とボケていない写真の両方が保存されます。

スクエア機能

文字どおり四角い写真が撮れます。
Instagramやメルカリ用に切り取りなどの作業なく使えるので便利だと思います。
LIVE以外のフィルターやオプションは写真機能と同様に設定できます。

パノラマ機能

パノラマ撮影ができます。パノラマの時だけはiPhoneを縦に持って撮影します。
フィルターもありません。
シャッターを押したら、左から右に向けて上下にブレないようにしながらカメラを動かすと、パノラマ写真が撮れます。

右から左に向けて撮りたい場合は画面の→矢印をタップすると矢印が左に移動して、左から右に向かって撮れるようになります。

また、左右の端まで撮る必要がない場合等は動かしている方向と逆方向にカメラを戻すと、そこで撮影が終了して好きな横幅の写真が撮れます。

以上です。

iPhoneのカメラもなかなか優秀だなーと思ったら何か撮りに出かけましょう!

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク