イベント告知 2017.5.17

【クロフネ編集部の交換日記】祝・今井いおり監督ドキュメンタリー作品「うみぞら映画祭」上映決定!

クロフネ編集部が隔週で、身近にあったできごとの日記をお届けします!
映像と関係のない日記もあるかもしれませんが、ご了承くださいませ~

今週末は淡路島でうみぞら映画祭ですよ!

皆さん、こんにちは、カンパニー松本です。
今週末はいよいよ、うみぞら映画祭開催!

うみぞら映画祭の開催される場所は…

そう淡路島!

海をバックに、波の音を聴きながら、優雅に映画を鑑賞する…
想像するだけでも、ワクワクしてきますな!

実はこの私、今年の4月のはじめにも、淡路島に2〜3日滞在しておりました。その目的は、とあるお祭りの撮影。

場所は、漁師町として栄える南あわじ市・福良。この福良の春祭りは、豊漁や家内安全を祈願するお祭りとして150年もの歴史を誇る伝統行事なんです!

そして実は、この撮影を依頼してくださったのが、古くから親交の深い…ちょもらんま企画の今井いおり監督。

今井いおり監督とは?

今井いおり監督
淡路島、いやもはや関西を代表する映画監督と言って過言は無い。出世作「安もんのバッタ」で中之島映画祭グランプリを獲得すると、その後もコンスタントに作品を制作。近年はドキュメンタリー分野にも活躍の場を広げ、大阪の自称宇宙人・リヤカーおじいちゃんを追っかけた「ろまんちっくろーど~金木義男の優雅な人生」は、シアターセブンや元町映画館といった関西の映画館をはじめ様々な映画祭で上映され、人気を博した。

そう、今井監督はこの福良出身。このお祭りでは、今井監督をはじめ、1977年、78年生まれ今年前厄の男衆同級生達30人が集まり、神輿を担いで、街を駆け巡ったんです!

どえらい迫力でした。

よく意味はわからなかったですが、「ちょうさじゃ!ちょうさじゃ!」と皆さん叫ばれていました。あと、神輿を持ち上げる時は「さっせ!さっせ!」という掛け声でした。

自作自演を仕掛けた淡路島のクリントイーストウッドこと、今井いおり監督。勿論この撮った映像を編集して、同級生に配るだけでは収まりません。なんと、あの淡路島短編映画祭のコンペに出品するという暴挙に出たのです!

■淡路島短編映画祭 公式HP

淡路島短編映画祭の結果や、如何に?

観客の投票で受賞作が決まり、受賞作のうち2作品が「うみぞら映画祭」で上映されるという、このコンペ。まさに「うみぞら映画祭」前哨戦。

この狭き門に挑んだ、今井いおり監督ドキュメンタリー作品「我ら島の祭人2017 ~福良男児の心意気~」果たして、その結果は…






見事に、圧勝!!!

と言うことで、この「我ら島の祭人2017 ~福良男児の心意気~」が、うみぞら映画祭で上映されることが決定しました!
おめでとうございます!!

当日同級生が多数劇場に押しかけ、組織票で勝利をかっさらっていったとの噂もありますが、全く気にしません。重要なのは、この作品がうみぞら映画祭という晴れ舞台で上映されるという事!

作品は以下の日程・場所で上映されるようです。ぜひ、皆で横断幕持って、観に行きましょう!

■うみぞら映画祭内「淡路島短編映画祭」招待上映
会場:レトロ映画館(洲本オリオン)
・5月20日(土)10時〜11時
・5月21日(日)10時〜11時

以上、クロフネ編集部の交換日記、
今回はうみぞら映画祭での今井監督作品上映告知でした〜!

ってな感じで、次回は…

女児野(じょじの)にパス!

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク