映画関連情報 2017.5.26

第70回カンヌ映画祭授賞式を日本独占生中継!ムービープラスでカンヌ国際映画祭を体感しよう!

こんにちは!クロフネ編集部です。
現在開催中のカンヌ国際映画祭。
ニュースで様子が流れていますが、今年も大盛り上がりですね!
映像を観るたびに「いつかは現地に行ってみたい!」と思います。
しかし、カンヌはフランス…。そう簡単に行けるものではありません。
「現地に行くのは諦めるとしても、少しでも映画祭の雰囲気を味わいたい…」 そう思う方に、朗報です! カンヌ国際映画祭の様子を、生中継してくれるテレビチャンネルがあるのです!
その名も、「ムービープラス」!

ムービープラス(ジュピターエンタテインメント株式会社、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、今年開局28年目を迎えた日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約720万世帯のお客様にご覧いただいています。 URL:http://www.movieplus.jp

この、CS映画専門チャンネル「ムービープラス」が、カンヌ映画祭の日本オフィシャル・ブロードキャスターとして、5月28日(日)深夜1時15分(日本時間)に行われる第70回カンヌ映画祭授賞式をテレビ日本独占生中継してくれます!

嬉しいですね!

カンヌ国際映画祭って?

みんなカンヌカンヌ言うけど、そもそもカンヌ国際映画祭ってどんな映画祭なんだ?と思ったので、調べてみました。

カンヌ国際映画祭とは、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せ、世界三大映画祭の1つ。 毎年5月に、フランス南部の都市カンヌで開かれています。

併設されている国際見本市(マーケット)には、例年800社、数千人の映画製作者(プロデューサー)、バイヤー、俳優などが勢揃いし、 世界各国から集まる映画配給会社へ新作映画を売り込むプロモーションの場となっています! そのように、映画祭とマーケットが同時に開催されるのは、カンヌ国際映画祭だけのため、集中的に世界中のマスメディアから多大な注目が集まり、毎回全世界から数多くの俳優、映画製作者が出席するのです。

「日本独占!第70回カンヌ映画祭授賞式ライブ」写真:アフロ ©ムービープラスカンヌ映画祭/第69回レッドカーペットの様子

2017年カンヌ国際映画祭のみどころ

70年目を迎える今年は、日本映画の活躍が目立つ年となっています!初のパルム・ドール受賞に期待がかかる河瀨直美監督の『光』のほか、ある視点部門に選出された黒沢清監督の『散歩する侵略者』や、三池崇史監督と木村拓哉の初タッグとなるエンターテイメント作品『無限の住人』が特別上映作品として公式上映されます。  

『無限の住人』 ©沙村広明/講談社 ©2017 映画『無限の住人』製作委員会

「ムービープラス」で生中継を観よう

5月28日(日)深夜1時15分(日本時間)に放送されるムービープラスの番組「日本独占!第70回カンヌ映画祭授賞式ライブ」。 この番組では、現地時間18日(木)に行われた公式会見やレッドカーペットでの様子に加え、映画上映後に行われた日本メディア向け囲み取材の模様などを、観ることができます! さらに、『光』や『散歩する侵略者』といった日本映画はもちろん、海外の注目作品の現地情報についても紹介される予定です。

日曜日の深夜から放送なので、月曜日からお仕事の方は少し辛いかもしれませんが…。 生中継だと、後からニュースで断片だけ観るよりも、臨場感がありますよね。

世界最大級の映画の祭典を、ムービープラスで楽しんでみてもいいかもしれませんね。




PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE