映画関連情報 2017.6.14

『ろまんちっくろーど ~金木義男の優雅な人生~』神戸三宮シアター・エートーで上映決定!

こんにちは!クロフネ編集部です。
クロフネの記事でもよく取り上げさせていただいている、関西で活動している映画監督・今井いおりさん。

【クロフネ編集部の交換日記】祝・今井いおり監督ドキュメンタリー作品「うみぞら映画祭」上映決定!

今井さんが監督した映画『ろまんちっくろーど ~金木義男の優雅な人生~』が、 神戸・三宮にあるシアター・エートーで上映されます!

日時は、6月19日(月)19時から!
当日は、主演の金木義男さんと、今井監督が登壇予定です。
是非お越しください!!

シアター・エートーの公式HPは こちら

『ろまんちっくろーど ~金木義男の優雅な人生~』ってどんな映画?

あらすじ

大阪の日本橋に、リヤカーで自署『宇宙人のツッコミ』という本を売り歩く奇妙な老人がいた。 それがこの映画の主人公、金木義男だ。 彼は誰にも相手にされないが、世界の問題を解決する為に日々奮闘し、突き進む。 そんな中、ガンが彼を襲う。老い先が見えた男は見せる、命の輝きとは?

はじめは、好奇の目で撮影していたスタッフ達だが、撮影を続ける中、金木義男のスケールの大きさに、いつのまにか魅了されていく。 圧倒的な金木のキャラクターで笑いと涙を誘う痛快ドキュメンタリー映画。

 

金木義男 プロフィール

1936年生まれ。大阪市出身。
金木の夢は戦争や食糧危機など人間が起こすあらゆる問題「人間問題の解決」。 1950年代、美術界を牽引する具体美術協会で金木は活動し、芸術家をめざしていたが、諦めて哲学の道に進む。 70歳を過ぎて、自署である「宇宙人のツッコミ」をリヤカーに積み日本橋で売り歩きはじめる。 そのユニークな販売方法からテレビや雑誌で取り上げられ、リアカーのおっちゃんとして一躍人気者になり1500冊以上が売れた。 現在は「宇宙人のツッコミ」の続編を執筆中だという。国連で自分の哲学を演説したいと夢見ている。

 

今井いおり プロフィール

1978年生まれ。淡路島出身。
TVディレクターの傍ら、2003年より短編作品を中心に自主映画活動を始める。 2008年、観客がグランプリを決める中之島映画祭では『安もんのバッタ』でグランプリ受賞。 現在も、新作映画を制作中!

 

 

今井監督からひとこと

「今、何かで落ち込んでいたり、辛いことがあったりする人に観てほしいです。金木さんって、こう見えて若いころはドン底の暗闇の中にいたんですよ。でも、今は見ているこっちも明るくなるような、素敵な笑顔を見せてくれます。 僕自身も、映画を撮っていて、すごく元気を貰いました。 映画では、 悲しい過去があっても、『今』がしんどくても、その『今』を精一杯生きることで、絶対に笑顔になれる日がくる、と金木さんの生き様が教えてくれます!」


 

『ろまんちっくろーど ~金木義男の優雅な人生~』の公式HPは こちら

 

主演の金木さん、シアターエイト劇場前で、絶賛宣伝中!


PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE