映像制作ノウハウ 2017.8.22

花火を手軽に綺麗に手持ちで撮りた〜い!!

みなさんこんにちは、お盆休みは三途の河で水泳を楽しんで来た八兵衛です。

もう夏も終わりですが、まだまだ花火大会や盆踊りなど夜間に写真を撮る機会もあるかと思います。
そこで今回は夜写真を撮るときに便利な機能をご紹介したいと思います。

何はともあれ、カメラアプリを起動しましょう。

 

そしてピントを合わせたい場所を長押しします。
例えば花火なら今たくさん花火が上がっている空間をざっくりこの辺かな〜って感じで指で長押ししましょう。
ぴったり花火が開いた瞬間に合わせなくても大丈夫です。

すると「AE/AFロック」という黄色いメッセージバーが表示されます。
これで花火の打ち上げ場所が変わらない限り「その場所」に上がる花火にはピントが合うことになります。もう一度画面に触ってしまうと解除されちゃうので注意しましょう。

 

あとは花火が上がって開くまでの間、シャッターボタンを押し続けて「連写」すれば多少タイミングがずれても綺麗な写真がどこかで撮れているはずです。

連写が嫌な場合、「Live Photos」をオンにして撮ればシャッターを押した前後1.5秒ずつの短い動画が撮れますので、お好みで使い分けましょう。

 

また、動画でも同じように「AE/AFロック」を使うことができますので、動画撮影の際に使えばピントを固定した見やすい動画を撮影できます。

この方法の利点は三脚を使わず、手持ちで手軽に花火を目で見た感じで、綺麗に撮ることができることにあります。


三脚を使うと長時間露光で打ち上げから開くまでを、一枚の写真に収めることができたりしてそれはそれで綺麗な写真が撮れますが、家族で花火を見に行って記念に何枚か撮っておきたいな〜と言うような場合にはこちらの方法が役に立つと思います。

というわけで夜間の撮影は「AE/AFロック」を活用してみてくださいね〜。

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE