機材関連 2017.8.31

メモリーカードってどれを使えば良いの?簡単に説明します!

お盆で帰省した帰りに姪っ子からお手紙をもらって、もうメロメロの八兵衛です。
スマホを壊しちゃったそうなので、さっそく貢がせていただく予定です。

そう!スマホといえば、最近はスマホにもデジカメにもビデオカメラにも記録媒体として「メモリーカード」が使われてますよね。
今回はメモリーカードについて書きたいと思います。(iPhoneはメモリーカード入りませんけどね)

で、そのメモリーカードですが出だしの頃は大手メーカーのソニーやパナソニックなどが「ウチが業界標準です!」とばかりに独自規格の記録媒体をバンバン出してたんですが、最近はすっかり「SDメモリーカード」に統一された感じがします。

そこで今回は「SDメモリーカード(以降:SDカード)」について紹介します。

形状の規格

1.「SDカード」
お店で普通にSDカードと言うとこちらが出てきます。大きさは切手ぐらいの大きさ。
デジカメとかビデオカメラはこれが多いです。

2.「マイクロSDカード」
スマホとかゲーム機に入ってるのは大体こっち。小指の爪ぐらいの大きさ。
お店で買った時にSDカード形状に変換するための変換アダプターが付属している場合もあります。


容量の規格

1.SD(2ギガまで)
最初にできた規格。昔々のデジカメなんかに使う時はこれ使いましょう。

2.SDHC(4ギガ〜32ギガまで)
デジカメの画素数が増えて「ちょっと2ギガじゃ少ないよね?」って感じで出てきたのがこれ。

3.SDXC(64ギガ〜256ギガまで)
今の時点で一番大きな容量か使える規格。
ビデオカメラなどもSDカードを使い始めたことで、「32ギガでも足りね〜!」と出てきたのがこれ。

使用機器の説明書に「SD◯◯対応機器」みたいな文言があるので、それに合った規格のものを買いましょう。
HCまでしか対応していないのにXCのカードを入れても認識してくれない可能性があります。

速度の規格

1.SD規格
Class 2、Class 4、Class 6、Class 10
秒間の読み書き速度の最低値を表します
「Class 」の後の数字が最低読み書き速度です。Class 2なら2メガ、Class 10なら10メガです。
8メガが無いのは何故なんでしょうね?
10メガぐらいの速度ならフルHDの動画撮影やデジカメの連写なんかも対応できるはずです。

2.UHS規格
ウルトラハイスピードの略。メッチャ早そうですね(笑)
UHS1=秒間読み書き速度10メガ。Class 10と同じですね。だいたい両方書かれてるのが多いです。
こちらも用途としてはフルHDぐらいの動画とミドルクラスのデジカメ用途でしょうか。

UHS3=秒間読み書き速度30メガ。
現在最速のこの規格は4K動画やハイエンドデジカメでの使用に適しています。

これも機器の説明書に「Class 10対応」や「UHS 1対応」等の表記があると思います。

 

その他にこんな機能のついたカードもあります。

防水=水没してもデータだけは守りたい!って場合にどうぞ。
耐X線=空港のX線検査に耐える!検査でデータが壊れたこと無いけど要るんですかねこれ?最近はあんまりみません。

電気屋さんや通販サイトで、どれをかえばいいのかの参考にしていただけると幸いです

最後にカッコ良くて分かりやすい図をどうぞ!

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE