映画関連情報 2017.9.12

「出演者の人柄がにじみ出ている作品なので、そこに注目して欲しい」大阪で『リングサイドストーリー』舞台挨拶

こんにちは!クロフネ編集部です。
9月7日(木)、大阪ステーションシネマで映画『リングサイドストーリー』の舞台挨拶が開催され、主演の瑛太さんと佐藤江梨子さん、武正晴監督が登壇しました。

今作は、夢だけがデカい典型的なダメ男・村上ヒデオ(瑛太)と、彼を支える健気な彼女・江ノ島カナコ(佐藤江梨子)が繰り広げる、ファイト・ラブコメディ。近藤芳正・余貴美子など、日本映画界の名優たちが、主演2人の脇を固めます。さらに、武藤敬司・武尊など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演! 監督は、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』(2014)の武正晴監督。 前作から3年、同スタッフを再集結して制作されたオリジナルストーリーとなります。

(C)2017 Ringside Partners

役柄について、瑛太さんは「女性の視点から観たら、ヒデオはダメな男だけど、男性から観た時は、きっと共感してもらえる所もあると思います。」と話します。

佐藤さんは、役柄でも、素でも、包容力がある方だと言う瑛太さんに「瑛太さんとお会いして一瞬で、ヒデオとカナコの関係性が出来上がりましたね~。2人の関係性も、この映画の楽しめるポイントです。」と、佐藤さん。

武監督は「この映画は、ヒデオとカナコのストーリーでもあります。その他、出演者の人柄がにじみ出ている作品なので、そこに注目してください。」と、映画の見どころを語ります。 佐藤さんは「今作を通して、夢を見たり、誰かと戦ったりすることは、いいなあと思いました!皆さん、楽しんで観てください!」と笑顔で締めくくってくれました。

『リングサイドストーリー』は、10月14日(土)よりロードショー! 関西では、大阪ステーションシネマ、T・ジョイ京都、109シネマズHAT神戸で上映予定です!

 

『リングサイドストーリー』公式HP:http://ringside.jp/

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE