機材関連 2017.9.29

GoPro新製品「GoPro HERO6 Black」発売!PVから読み解くその凄まじい進化とは?

アクションカメラの王道といえば…

『GoPro』

そのGoProよりこの度、新製品「GoPro HERO6 Black」発表されました!

PVから読み解く「GoPro HERO6 Black」の進化

毎回「GoPro」新モデルがリリースされる度に楽しみなのが、合わせて公開されるプロモーションビデオ。

今回も凄まじいクオリティの動画が公開されています。まずは、こちらをご覧ください!(※ご自宅のPCで、YouTUbeの画質設定を4Kにして再生して視聴される事を断然オススメします。)

この動画を観ると、明らかにこれまでGoProで残念だった点2つが飛躍的に改善されている印象を持ちました。

①ダイナミックレンジが広くなっている

GoProは、特に屋外で撮影をする際に空等の色は鮮やかに撮れるのですが、ダイナミックレンジが狭いというのがこれまでの難点でした。

つまり極端に明るい所と暗い所が一枚の絵の中にあった場合、その階調を表現しにくいとはいいうか、ディテールが潰されてしまうというのがネックでした。しかしそれが今回のモデルでは飛躍的に向上しているのが伺えます。

終盤の金髪女性サーファーが海の中でピースする所の、背景の夕焼け・空はまさに圧巻。高価なシネマカメラで撮影したかのような絵のクオリティです。

②暗い所でもノイズが少なく綺麗に撮影できる

そして、GoProの最大の弱点と言えば、暗い所に弱かった点。特に屋外の撮影で、日中天気が良い時にはすごく綺麗に撮れるのですが、室内や天気が悪い時等はどうしても映像にノイズがのって汚くなってしまうのが弱点でした。

しかし、今回のPVの中に暗い海底の映像もありましたが、その映像を観る限りこのような低照度での撮影画質も飛躍的に向上しているのがわかります!

気になるスペックは?

その他にも4k60Pの解像度&フレームレートで撮影出来たり、フルHDでは240コマまでのスーパースローが撮影出来たり、新たにタッチズーム機能が搭載されたりと、気になる要素は盛り沢山です!

·GoProの為にカスタムデザインされたGP1プロセッサ
·4K60、1080p240ビデオ
·QuikStories、GoPro Appとの互換性
·最新鋭のビデオスタビライゼーション
·新搭載のタッチズーム
·10m防水
·Karmaをはじめ、既存のマウントとの互換性
·ダイナミックレンジと低光量時のパフォーマンスの進化
·RAW及びHDR Photoモード
·10ヶ国語対応のボイスコントロール
·GPS、加速度計、ジャイロスコープ
·WiFi + Bluetooth

HERO6 Blackは本日9月29日より日本国内のGoPro正規販売店にて発売開始。メーカー希望小売価格59,000円(税込)です。

しかし、この機能で、この価格は驚異的過ぎる…


 

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE