機材関連 2017.10.10

GH5で動画を撮影する際に、必ず変更した方が良い初期設定とは?

映画並みのクオリティで動画を撮影出来ると話題の一眼レフカメラ「GH5」。

プロの現場でも日に日にこのカメラを導入しているカメラマンが増えておりますが、今日はそんなGH5を動画撮影で使う際に、必ず変更した方が良い初期設定についてご紹介させて頂きます!

この設定を変更しよう!

「ISO感度ステップ」を変更

ムービー撮影時はISO感度を露出調整に利用するシーンが多いので、調整ステップが細かい方が断然使いやすいです!

「カスタム」メニューの露出設定内に「ISO感度ステップ」があるので、ここを「1EV」から「1/3EV」に変更しましょう!(GH4はこの設定変更がかなりややこしかったのですが、GH5になって簡単に出来るようになりました。)

「MFアシスト」を変更

初期設定のママで撮影をしようとマニュアルでフォーカスを合わせた時に、勝手に拡大フォーカスされて鬱陶しいと感じた方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、「カスタム」メニューの「フォーカス」内にある「MFアシスト」を変更しましょう!

「レンズ位置メモリー」を変更

こちらは意外と知られていない機能。例えば音楽のライブ撮影で、長時間回す際に本体の電源が落ちてしまったとしても、フォーカス位置はキープして欲しいもの。

そんな時は、「カスタム」メニューの「レンズ/その他」内にある「レンズ位置メモリー」を「ON」にしましょう!マニュアルで合わせたフォーカス位置を維持出来ます!

「タッチ設定」を変更

「ディスプレイ」ボタンを押して表示方法を変更しても、画面右側には「タッチタブ」の表示が残り、画角隅々を見ながらの画角調整が出来ません。

タッチタブの表示は「カスタム」メニューの「操作」内、「タッチ設定」の「タッチタブ」を「OFF」にすると消すことが出来ます!

その他の変更ポイント

動作音を鳴らないようにする為には、「セットアップ」メニューの「電子音」内にある「電子音音量」でオフに出来ます!

ヘッドフォン端子のボリューム調整は、「セットアップ」メニュー内の「ヘットフォン音量」で調整出来ます!

GH5初期設定を変更して、快適に動画撮影を

以上のような初期設定を変更するとより快適に動画撮影を出来る事でしょう!

GH5を使って最高の映像を撮影しましょう!!

おわり


PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE