映画関連情報 2017.10.19

「第四回 新人監督映画祭」11月11日(土)~17日(金)にユナイテッド・シネマ豊洲で開催!

東京都のユナイテッド・シネマ豊洲で、「第四回 新人監督映画祭」が開催されます。 日時は、2017年11月11日(土)~17日(金)。

『新たなる才能を世界へ』をコンセプトとする新人監督映画祭。 本映画祭は、日本映画の将来を担う監督たちが世界に向けて発信する「開かれた映画祭」として、地域と共に継続事業として実施されています。

新人監督映画祭って?

近年、技術の進歩により低予算での映画製作が可能となり、誰でも映画を作れるようになりました。 しかし、ビジネスとして成立するのは、大手のテレビ局が大金をかけて製作・宣伝した作品。単館でロードショーする映画は増えていますが、それらの作品の多くは劇場に観客を集めることすら難しい状況です。 「これが日本映画のあるべき姿でしょうか?」と、日本映画監督新人協会会長・大高正大さんは言います。

全国の映画館の座席数に対する入場観客数の平均は17%だそうです。(2012調べ) 100人の客席がある映画館に、毎回17人しか入場していない計算になります。ヒット作があるという事は、これ以上に動員数の少ない作品が多数あるわけです。現状を打破する為には、産業としての映画の底上げが必要です。

一つはクリエイター、観客双方の意識を高め、文化としての日本映画を盛り上げる事。 もう一つは、その文化を日本国内だけに留めず、広く海外にも売り出す事です。

その一手として、立ち上げられた新人監督映画祭。映画を見る楽しさ、作る楽しさを全国、世界に伝え、新たな文化の発信源となり、産業として世界のマーケットに通用する作品と人材を育てる事が目標とされています。

映画祭ボランティアも募集中!

新人監督映画祭公式HP: http://ndff.net/

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE