機材関連 2017.10.30

映画撮影でもよく使われるソフトフィルターを手軽に楽しもう!

突然ですが、皆さん。“ソフトフィルター”というものをご存知でしょうか?

よく映画やCMで、画面が白っぽいというかモヤっとした感じで、幻想的な質感の映像をご覧になる事も多いかと思います。

そういった映像には、実は撮影の段階で、レンズの前にこの“ソフトフィルター”と呼ばれる特殊なフィルターを装着して撮影されている事が多いんです。

今回は、そんなソフトフィルターを使った撮影を、自分でも手軽に楽しめちゃう方法をご紹介します!

映画撮影で最もよく使われるTIFFEN社のソフトフィルター

このソフトフィルター、プロの映画撮影の現場で最もよく使われているのが、TIFFEN社の製品です。

米国・ニューヨーク州の本社工場で製品を生産しており、ハリウッドの映像作家からも絶大な信頼を得ているメーカーさんです。

TIFFEN社の製品の中でも最もよく使われているのが「BLACK PRO-MIST(ブラックプロミスト)」と呼ばれるソフトフィルター。

その効果の強さ(濃度)に合わせてフィルターが生産されており、日本でも銀一オンラインショップ等から購入可能ですが、1枚数万円する品物とあって、なかなか簡単には手が出しづらいもの。

しかし、諦めるなかれ。日本国内のメーカーさんからもっとお手頃な価格でソフトフィルターを購入出来るんです!

Kenkoソフトフィルター「ブラックミスト No.1」

そう、それが、Kenkoさんの「ブラックミスト No.1」。家電量販店で2000〜3000円程でお手軽に購入出来ちゃいます!

映画用のフィルターをスチールレンズ用に作ったこの商品。Kenkoの方に話を聞いたところ、非常に小さい特殊な黒い粉をガラスの中に埋め込んで作っているそうです。

ではこれを使うと実際に、どんな感じに撮影出来るかというと…

〜フィルターなし〜

〜「ブラックミスト No.1」使用〜

どうでしょうか?この「ブラックミスト No.1」を使うと、特に猫の黒模様部分や影など、暗い部分が少し持ち上げられて全体的にコントラストが弱まって柔らかい印象になりました。

女性を撮影したり、化粧品等、ブツ撮りを柔らかく撮影したりする時、また黒バックや暗い場所での撮影にも良いかもしれませんね。よりコントラストを浅く撮影出来る事で、撮影した後のカラーグレーディングの幅も広がりそうです。

スチル用ですが、一眼レフでの動画撮影でも勿論使えますので、お持ちのレンズの口径に合わせて購入してみましょう!

おわり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ケンコー 82S ブラックミスト NO.1
価格:5330円(税込、送料無料) (2017/10/29時点)


PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE