iPhone関連 2018.1.18

iphoneのインターネット共有ができない時に!解決策は「一旦iCloudからログアウト」。

皆さん、iPhoneの「インターネット共有」って使ってますか?

僕はだいたい外出時はWi-Fiルーターを持ち運んでいますが、時々持って行くのを忘れることもあります。

そんな時はiPadのWi-FiからiPhoneのインターネット共有を選択してテザリングして使います。

iPadやMacBookなど端末が違っても、同じアップルIDでログインしていれば、わざわざiPhone側の通信設定を開いてインターネット共有をオンにしてWi-Fiから接続しなくても、それぞれの端末からiPhoneを選択するだけで自動的に共有をオンにして接続してくれる便利な機能があるのですが、先日IOS11のβ版を入れた頃からiPadにもMacBookにもiPhoneの表示が出てこなくなってしまいました。

iPhoneの設定からインターネット共有をオンにすれば、Wi-Fiの接続先一覧に表示されて接続されるのですが、毎回の操作となると煩わしく感じてしまいます。

今までできてたのに、急にできなくなると特に不便に感じるんですよね。

で、ちらっとアップルの人にも聞いてみたんですが「β版を入れた影響もあるかもしれないし、VPNをオンにしてたからかもしれない(この時はフリーWi-Fiの接続ソフトの設定でVPNをオンにしていた)し、他の接続用プロファイルが悪いのかもしれない。一度Wi-Fiで接続すれば出てくるかもしれない。」という事でVPNをオフにして余計な接続用の設定(プロファイル)を削除してiPhoneのインターネット共有をオンにしてiPadからWi-Fi接続してみましたが、状況は変わらず。

これは長くなりそうだなーと思ったので、アップルの人や他のお客様にも悪いので一旦ここまでにして引き上げました。

正月に実家に帰省した際に何度かインターネット共有を使う場面があり、「これはやっぱり自動接続が出来ないと不便だ!」と思い本格的に調べてみました。

そして試したのが、「一旦iCloudからログアウトしてみる」ということでした。

やってみたのは下記の2つ。

1.iPhoneでiCloudからログアウトして再度ログインする。→状況は変わらず。

2.iPadでiCloudからログアウトして再度ログインする。→直った!!

というわけで無事「インターネット共有」に自分のiPhoneが出てきました。

iCloudからログアウトする際と再度ログインする際にアップルIDのパスワードを聞かれますので、準備しておきましょうね。

それと端末内のデータを全部消しますか?それとも残しますか?と聞かれるので、一応「残す」方を選んでください。

あとはログアウトが終わったら念のため、iPadを再起動して再度iCloudにログインするだけです。

iCloudのログインなんか端末を新しく買った時に一度やるだけで、普段は全く意識しないだけにハマってしまうと解決が難しそうです。

新年早々問題が解決して良い滑り出しとなりました。

皆様も良い一年になりますように!!今年もよろしくお願いいたします。

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク