映画関連情報 2018.4.25

「“絆”とは何か?」を問う。是枝監督最新作『万引き家族』6月8日(金)全国公開!

みなさん、こんにちは。

さて、是枝監督の最新作「万引き家族」が、いよいよ6月より劇場公開されます!

日本アカデミー賞で『三度目の殺人』が最優秀作品賞をはじめ数々の賞を受賞したのが記憶に新しい中、もう監督の新作が観られるなんて、嬉し過ぎますよね。

今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門への正式出品も発表された本作。今回は、一足早くこちらの映画を拝見させて頂きましたので、ネタバレの無い範囲で、簡単にご紹介させて頂きます!(ありがとう、GAGAさん!)

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

『万引き家族』ってどんな映画?

『誰も知らない』『歩いても 歩いても』『そして父になる』等々、これまで様々な作品で「家族」を描き続けてきた是枝監督。

今回は、既に死亡している親の年金を、家族が不正に受給していた事件を知った事をきっかけに、「犯罪でしか繋がれなかった」家族の物語を思いついたと言います。

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

『万引き家族』あらすじ
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平家に、柴田治と信代の夫婦、息子の翔太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込む。彼らの目当ては、この家の持ち主である祖母初枝の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底をひっそりと漂うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲良く暮らしていた。そんな冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく−。

『万引き家族』の見所①ー実力派俳優達の心揺さぶられる演技

まず、この映画の魅力の一つに挙げられるのは、俳優さん達の心打たれる演技。

駄目っぽさの中に、時折見せるいい父親っぷりが観ていて非常に心が温まった、父親役のリリー・フランキーさん。

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

夫や子供への愛情に加え、潔さとか、精神の図太さも強く感じられて、とにかくカッコいい女性だった母親役の安藤サクラさん。

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

オーディションで選ばれたという子役の2人、JK見学店で働く母親の妹という難しい役柄を演じた松岡茉優さんも実に素晴らしい演技でした。

©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

そして何と言っても、お婆ちゃん役の樹木希林さん。この役を演じるにあたり、「その方が気持ち悪い」(樹木)という理由から、普段よりも髪を伸ばし、入れ歯を外すという役作りを行なったとの事。少し痩せこけたような印象だったのも、メイクによる演出なのでしょうか?いつもの希林さんとは違った、少し弱った印象のお婆ちゃんの役だったので、観ていて少し悲しくなってしまいましたが、やはりその存在感は圧倒的でした。日本映画界の為に、いつまでも元気に頑張り続けて欲しいものですね。

『万引き家族』の見所②ー映画の世界観にマッチした美しい映像と音楽

今回この作品の撮影を担当したのは、近藤龍人さん。吉田大八監督の作品はじめ現在日本の映画業界を牽引するカメラマンさんですよね。そして照明の藤井勇さん。特に本作では、夜の街路のシーンの青っぽい世界観、劇中で引用される絵本「スイミー」の海の中をイメージしているのでしょうか、とにかく美しく印象的な映像でした。

また音楽は、監督が以前からお願いしたかったいという細野晴臣さん。静かで落ち着いた美しい音楽の中にも、不協和音や良い意味で歪な音が入っていて、それがこの複雑な事情で繋がり生活している家族の有り様にもの凄くマッチしている気がして、素敵でした。

『万引き家族』の見所③ー深く考えさせられるテーマ「家族」「絆」

劇中で、父親(治)が、母親の妹(亜紀)にこう問いかけます。「俺たち夫婦は何で繋がっていると思ってんだよ?」

震災以降、世の中で叫ばれている「絆」。それは一般的に、“良い”ものとされているけど、今回この家族の絆は“悪い”「犯罪」でつながっている。今自分の周りにいる人達とは、一体何で繋がっているんだろう?そもそも「絆」って何だろう?「家族」って何だろう?

いつも以上に、是枝監督の映画の深いテーマが鑑賞後に迫ってくる事でしょう!

映画「万引き家族」は、2018年6月8日(金)よりTOHOシネマズ梅田他で公開予定です。ぜひ、皆さんご覧になってください!!!



『万引き家族』公式HP

PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE