映画関連情報 2017.4.14

世界にひとつしかない自分の映画館がつくれる!「popcorn」が4月22日よりサービス開始

こんにちは!クロフネ編集部です。
先日、クロフネ編集部で上映会のイベント企画を考えていました。
映画を自分たちで上映するには、どうすればいいのか色々調べていたのですが…


配給会社への権利申請、大変じゃない…?
上映費用、思ったより高くない…?



と、気づきました。


上映したい映画を見つけても、権利承諾が必要です。 権利が複雑で、窓口がどこなのか。調べてもわからないこともあります。

上映費用は、一般的に、1回上映するごとに数万円~数十万円の費用がかかります。たとえば、1回の上映で10万円かかるとすると、入場料を1,800円(映画館の一般料金)に設定したとしても、60人近く集客できないと赤字になってしまいます。60人にお金を払って観に来てもらうことは、なかなか難しいことです。 集客の失敗リスクが高かったり、そもそもキャパシティが小さい会場では赤字を避けて通れない気がします。


映画を上映することは、大変なのです。


そんな中、めちゃくちゃいいタイミングで、あるサービスの情報を入手しました!


その名も「popcorn」です!
(公式サイトより)

popcornとは

popcornとは、誰でも自分の映画館をつくることができるサービスです。 自分で経営するカフェで、週1回だけの上映をしたり、会社の会議室を開放して、みんなで映画を観たり。 スクリーンを作って、庭や海などで上映することもできるし、上映後に食事会を開催することだってできちゃいます。 上映環境が整っていれば、インターネットを使ってだれもが利用できるので、世界にひとつしかない自分の映画館を、つくることができます。

世界にひとつだけの自分の映画館……!!! なんだそれ考え出したらめちゃくちゃ楽しいぞ。

初期費用が0で、すぐにマイクロシアターがつくれる

映画上映の権利承諾、上映費用の初期費用。popcornがこの2つの壁を取り払ってくれます! 初期費用がゼロ、入場者数に応じて上映料が発生する形で、権利処理されている作品を、誰でも簡単に、そしてリスクなく上映することができます。 こうなると、様々な場所で上映会の開催が可能になるので、全国に映画との出会いの場が広がりますね。

インターネットで簡単に申し込める

肝心のpopcronを利用する方法ですが、インターネットで簡単に申し込むことができます! 初期登録を済ませたら、上映したい映画作品を選んで日時や入場料などを決めるだけです。 映画の権利者もpopcornを利用することで、自主上映会への手間が大きく減ります。 たとえば、一度作品データをpopcornに預けると、自主上映会のたびにブルーレイディスクを送付する手間がなくなります。 自主映画監督の方には、嬉しいサービスですね。

さまざまな映画作品がいつまでも

運営する株式会社ポップコーンシアターは、このように話します。

“クリエイティブな作品づくり・場づくりを数多くサポートしてきたクラウドファンディングサイトMotionGalleryを、popcornの共同代表の大高が運営していることから、業界の垣根をこえて、さまざまな良質な作品を上映することかができます。 ローカルな劇場の減少やロードショー期間の短縮化により、映画をみんなで見る機会が減っている今、popcornによって人・場所・映画の末永い関係をつくっていきます。”

“昔から地域にあった映画館やミニシアターがなくなっている一方で、ショッピングセンターなどに併設されたシネコンは増えています。 結果として、上映機会は増えたものの、メジャーなごく一部の作品が集中的に上映される形となってしまったことで、多様な映画作品との出会いが失われているように感じられます。popcornでは、全国各地にマイクロシアターが生まれることで、さまざまな映画との出会いをつくり、映画の多様な楽しみ方を広げていこうと考えています。”



“映画館が生まれて100年以上経ちました。その間にテクノロジーが発達して上映環境は飛躍的に進化しました。 けれども決められた時間に訪れてチケットを購入し、知らない人たちと肩を並べて見たあとはそれぞれ帰る、という体験が大きく変化することはありませんでした。 一方、インターネット配信などで、映画を見る方法は多様になりました。ただ、それはあくまでプライベートで鑑賞する選択肢が増えただけです。 テクノロジーの進化で、もっと“みんな”で楽しむ新しい鑑賞体験が生まれてもいいのではと思っています。”(公式サイトより)


めっちゃ楽しそう……!!!!!

前回インタビューした、トランシネマの思いと通じている気がします。

そうだ、仙台に映画館をつくろう!映画を通じて地元を豊かに「トランシネマ」の思い

4月22日に、全国同時オープニング上映開催

popcornは、4月22日に本格オープンいたします。それを記念して、全国数ヵ所同時にオープニング上映を開催いたます。 上映作品は『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』。

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』
(配給:アップリンク、パルコ)

2013年10月1日、謎のストリートアーティスト・バンクシーが、ニューヨークで告知もなく展示をスタート。「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼が、ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー。

本作をオープニング上映作品に選んだ理由

『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』で描かれる、「ニューヨークという街が、アートによってポップアップに変わっていく、驚きとメッセージに満ちた空間に変えたその記録」は、これからpopcornが巻き起こす、みんなで起こす新しい体験や驚きを予感させるものだと思います。アートや映画で街を彩っていく、そんなpopcornにしていきたいという想いを込めて、記念すべきオープニング上映での作品に選定いたしました。(popcorn共同代表・大高健志)


詳しいイベント情報や、配給作品などは、公式サイトをご覧ください。


popcorn公式サイトは こちら


PICK UP

ピックアップ記事

スポンサードリンク

NEW

新着記事

RANKING

人気記事ランキング

MORE