機材関連 2017.6.2

ATOMOSの社長は日本好き?製品名の謎に迫る!

ATOMOSO製品のラインナップ

ここで、ATOMOSの主要製品を簡単に説明していきたいと思います。

先ほど説明した通り、ATOMOSの製品は、入力した映像を表示するモニター機能と、その映像を同時に収録する事のできるレコーダー機能も兼ね備えている事が大きな特徴です。

そして、そのモニター側が映像を受ける際のインターフェースの違いによって製品が異なってきます。
まずはコチラ。

(HDMIとかHD-SDIとか、そんな専門用語が出てきますので、分かりにくい方は、コチラの記事もご参考に)

HDMIはスゴイ?映像伝送の基礎知識
NINJAシリーズ

この「NINJA」と名前の付いている製品は、HDMIから映像を入力し、そのまま映像を収録する事が可能です。

HDMIの出力しか付いていない一眼レフカメラのモニター&バックアップ収録として、よく使われていますね。

続いてコチラ。

SAMURAIシリーズ

続いてこちらの「SAMURAI」は、SDIから映像を入力し、そのまま映像を収録する事が可能です。

業務用カメラにはこのHD-SDIの出力が付いているものが多いので、そういったカメラとセットで使えますよね。

そしてこの2つの機能を兼ね合わせたと言えるのが…

SHOGUNシリーズ

こちらの「SHOGUN」と呼ばれる製品群。HDMIとSDIどちらからも入力して、収録を行う事が可能なんです。

しかもコンバート機能、つまり HDMIで入力したものをSDIに変換して出力をしたり、SDIで入力したものをHDMIに変換して出力したりする事も可能なんです!まさに「SHOGUN」の名に相応しい機能を兼ね揃えている機種と言えるでしょう。

と、以上が主な製品なのですが、今回実は新たな製品が発売されるそうなんです。気になるそのネーミングは…

SUMO

「SUMO」

相撲って笑。今まではカメラの上に乗っける事が出来るようなちっこいモニター製品が中心だったのですが、今回はその名の通り19型もある大きなモニターみたいですね〜。なんだか凄そう…

そう、今回この展示会を訪れた目的はこの「SUMO」の実機を見にいく事が目的だったのです!

→次ページでは、いよいよ「SUMO」の正体が明らかに…

1
2
3

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク

各種告知や取材依頼などお気軽にお問い合わせください。

クロフネ取材依頼はコチラまで