インタビュー記事 2019.1.24

映画『がっこうぐらし!』主演ー阿部菜々実・長月翠・間島和奏・清原梨央インタビュー

累計250万部越え!超人気学園青春コミックの実写化映画『がっこうぐらし!』が2019年1月25日(金)~全国公開となります!

ストーリー

シャベルを愛する胡桃、ムードメーカーの由紀、みんなのリーダー的存在の悠里は、私立巡ヶ丘学院高等学校・学園生活部に所属する女子高生。学校で寝泊まりし、24時間共同生活を送る学園生活部で“がっこうぐらし”を満喫中だ。 みんなと一緒にご飯を食べて、みんなと一緒におしゃべりをして。屋上に作られた園芸部の菜園では、野菜だって収穫できる。「学校ってすごいよね。電気も水も野菜も作れるし、音楽室、図書室、放送室…。なんでもそろってる!」と由紀もご機嫌だ。学校には友だちもいるし、大好きな保健の先生・めぐねえの授業だって受けられる。そんな学校が本当に大好き。しかし元気いっぱいの由紀を、教室の外から胡桃と悠里が心配そうに見つめている。この学校は何かがおかしい…

この映画の主演を勤めるのは、秋元康がプロデュースする究極のアイドルグループ「ラストアイドル」からオーディションによって抜擢された4名!

という事で、今回はこの主演の4名(阿部菜々実さん、長月翠さん、間島和奏さん、清原梨央さん)にお話を伺います!

はじめて体験する映画撮影現場

今回、皆さんは本作がはじめての映画出演だという事ですが、はじめての映画撮影現場はいかがでしたか?

映画がたくさんの人の力で出来上がっているというのはなんとなく知っていたんですけれども、改めて目の当たりにすると、照明さんであったり、音声さんであったり、制作さんであったり、本当に色んな役割の方が現場にいらっしゃったので、映画自体の重みというのを物凄く実感しました。

本格的な演技にも初挑戦だったと思うのですが、いかがでしたか?

初出演で初主演、周りにも原作のファンの子が多くて「えっ、あれをやるの?」って言われて、プレッシャーもありましたが、もともと私も原作が大好きだったので、その点では非常に楽しく演技できました。

人気アニメの実写化、そして映画初出演で初主演という事で、色んな事が積み重なっていて正直凄くプレッシャーもありました。でも撮影を重ねる毎に段々慣れていって、役に入り込めるようにもなって最終的にやっぱり楽しくなっていったので、今では凄く良い経験をさせていただいたと感謝しています。

壮絶なアクションシーンの舞台裏

アクションシーンも非常に多い映画でしたが、役作りにあたって苦労された点を教えてください。

私が演じたみーくんはクールな子で、立ち振る舞いとかもしっかりしているという子だったので、監督からも姿勢をよくしなさいと言われて、その辺りは普段の生活から凄く意識はしました。この映画でみーくんを演じると決まってからは、家でいつもよりは姿勢が良かったと思います(笑)。

私もアクションシーンが多かったんですけど、ずっとシャベルを持っていたので、そのシャベルをどうしたらまるで体の一部のようにできるかというのが課題でした。シャベルを持ち替える時にかっこよくできるように練習してきてと言われて、ホテルの靴べらをお借りして、練習したりしていましたね(笑)。

あ、私も同じ事やった!(笑)

私はアクションシーンは少なかったんですけど、ゆきちゃんはどこか2面性があるのかなと思っていて、しっかりと脚本を読み込んで、ここのシーンでこういうセリフを言っているけど、本当はどう思っているんだろう?と常に考えるようにしていました。

りーさんは、自分に似ているところが多かったので、あまり役作りには困らなかったんですけれども、ただ時間軸が行き来するのが多いストーリーだったので、まずりーさんに何があったのかを時間毎に分けて、おそらくこのタイミンで覚悟を決めて皆を守るって決めたんだろうなとか、感情の流れを整理したり、あと映画オリジナルのシーンでめぐねぇとのシーンがあったので、めぐねぇに対する考えをまとめてみたりとか…

素晴らしいですね。

あと、アクションはなかったんですけれども、一緒にアクションの稽古はさせてもらって、くるみとみーくんがカッコいいアクションをやっている隣で必死に転ぶという(笑)。りーさんは先頭には行かず、2人に守ってもらうというタイプだったので、ひたすら襲われて転ぶという練習をしましたね(笑)。

一番強く思い出に残っているシーンについて

今回の作品の中で、ここはぜひお客さんに観てもらいたいと思うシーン、一番思い出に残っているシーン等を教えてください。

一番苦労したのはくるみとみーくんの倉庫でのアクションシーンです。あそこは凄く撮影も長引いてしまいました。砂埃のある倉庫だったので、何回も撮りながら、自分自身極限状態に陥っている状態で、必死にバールを振り回す事ができたので是非観て頂きたいのと、みーくんは最初は警戒心を抱いていて笑顔も少なかったりするんですけれども、ストーリーが進むにつれてそこが変化していくので、是非そのみーくんの成長も全体を通して感じて頂けたらなあと思います。

最後の方で襲われて、顔を押さえつけられながらシャベルを取るというシーンがあるんですが、そこは普通にやると必死感が出ないから、凄く力を入れてやったりとか、特にアクションで苦労したシーンなので、是非観て頂きたいと思います。

個人的な事なんですけど、私体重の増減が激しいタイプで、痩せたり太ったりを常に行ったり来たりしちゃうんですよ。いつもは撮影に合わせてダイエットをするんですけど、今回1ヶ月間撮影があったので、しかも3食しっかりと出してくださるので、食べちゃって(笑)。だから、序盤は中太り、中盤は激太り、終盤は激痩せしてしまっているんですが、スタッフの皆さんの努力のおかげでそこを目立たないようにして頂いているので、是非そこは感じて頂けたらと思います(笑)。

私は、卒業式の最後のシーンがやはり皆の気持ちが一つになったなと思っています。監督とかスタッフさんも私たち演者に凄く気を遣ってくれていて、撮影は順撮りで、このシーンも何回も撮るのではなく、本当に気持ちを入れて2回しか撮影しなかったんです。4人の気持ちもそうですが、スタッフ皆さんの気持ちもこもったシーンだと思うので、あそこで是非皆さんももらい泣きしてくれたら嬉しいなあと思います。

今後の目標について

今回映画初出演という事でしたが、今後やってみたい役などあったりしますか?今後の抱負を教えてください。

演技って楽しいなあと思って、今年で高校卒業にはなってしまうんですけど、次は一般的な学園モノに、今回はどちらかというとサバイバルホラーだったので、次は普通の高校生を演じてみたくて、みーくんとは違った影のある女の子の役を演じてみたいなあと思っています。

私は歌って踊る事が根本にはあるんですけれども、今回アクションも楽しかったし、私は子供が好きで、子供に憧れる存在になりたいので、ヒーローになってみたいなあと。妹が映画をみてくれて、「お姉ちゃんかっこいい!」と言ってくれたりとか、そういうのをやってみたいなあというのもありますし、他にも声をかけて頂けるのであれば、色んな事に挑戦していきたいなあって思います。

今回アクションシーンはなかったんですけど、私実はアクション得意なので、次こそは練習を積んでアクションシーンをやってみたいなあと思います。もし『がっこうぐらし!2』ができたら、ゆきちゃんにもアクションシーンを追加して欲しいなあ(笑)。

私は、今後やりたい役としては、大量殺人鬼とか、爆弾魔とか、サイコパスじみた役がすごく好きなので、是非そういう役をやってみたいですね(笑)。

意外ですね(笑)!今後のご活躍をお祈りしています。ありがとうございました!

映画『がっこうぐらし!』2019年1月25日(金)全国公開

という事で、映画『がっこうぐらし!』は2019年1月25日(金)全国公開です!
公開劇場の詳細等は公式HPよりご確認ください!

映画『がっこうぐらし!』公式HP

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク

各種告知や取材依頼などお気軽にお問い合わせください。

クロフネ取材依頼はコチラまで