イベントレポート 2019.4.14

『温泉しかばね芸者』鳴瀬監督・辻凪子さん・ひと:みちゃんが元町映画館にやってきたぞ!〜映画チア部自主上映会「チアシアター」vol.3〜

皆さん、突然ですが、まずはこの曲↓を聞いてください。

一度聞いたら頭からは離れない、思わず口ずさんでしまうこの楽曲はそう、『温泉しかばね芸者』という映画の主題歌なんです!

え?「『温泉しかばね芸者』ってどんな映画?観てみたい!」って?

遅えよ!神戸・元町映画館で上映があったんだけど、もう終わってんだよおおお!!!

上映後のトークレポートあげるから、せめてこれでも読んどけやあ、コラあああ!!!

…という事で、今回は4月13日(土)に開催されました映画チア部主催 自主上映会「チアシアター」vol.3『温泉しかばね芸者』上映後のトークショーの模様をお伝えします。

(向かって右手が主演女優の辻凪子さん・中央に鳴瀬聖人監督、左手奥に見切れているのが、主題歌の作詞・作曲を担当されたひと:みちゃんです。)

まさかのフルーツバスケット形式の観客参加型お喋り会

この日、本編上映後に開催予定だった鳴瀬監督と主演の辻凪子さんによるトークショー。大人の事情により、椅子を丸く囲んでのまさかの観客参加型お喋り座談会になりました。

それでは映画チア部さん、司会進行よろしくお願いします。

はい。えっと、それじゃあ普通に質問してよろしいでしょうか?(笑)

どうぞ!

はじめにポスターの絵が、物凄くインパクトが強いと思ったんですが、どなたが制作されたんでしょうか?

学生時代に、同じ大阪芸大の後輩にこういう面白い絵を描く奴がいて、頼んだんです。

いや、どう見てもコレ、私の顔デカイですよね(笑)

た、確かに(笑)

めちゃオモロイ素敵な絵やけど、最初見た時は「エッ」ってなりましたよ(笑)。

後輩には、辻の顔の大きさは気にしてくださいとオーダーしましたね。

おい、コラっ(笑)!

いや、最初は物凄く顔が小さく描かれていて、これだと実物と比べられちゃうから〜(笑)

実際、会ってみたら「もっと顔デカイやん」みたいな?

そうそう。だから絵の中では顔を大きく描いてあげたほうが、実際に会った時に顔を小さく感じてもらえるかなって思ったの(笑)!

描いてくれた子は伊丹十三監督の映画がめっちゃ好きなんです。その雰囲気もあるなと。

そうそう。伊丹十三監督の映画の絵とか勝手に描いていましたね(笑)。

主題歌の制作秘話について

…と、場が少し温まって来たところで、映画の主題歌の作詞・作曲を担当されたひと:みちゃんが現場に到着!

え!何このスタイル?フルーツバスケットでもやってんの(笑)?

新たな形を発見したんですよ!トークショーじゃなくて、ただのトークです(笑)。

え、そうなの?もう上映終わったの?

終わりましたよ!てか、なんで遅れたんですか?どうせ人妻とSEXでもしてたんでしょ?

違え〜よ!ちょっと用事が会ったの!!

気を取り直しまして。ひと:みちゃんは今作の歌の作詞・作曲を担当されたとの事ですが、楽曲制作秘話について教えて頂けますでしょうか?

もともとね、彼の前の作品に(メインキャストで)出演した際に、歌を作らされたんですよ。ま〜これが、酷い作品でね(笑)。

『巨大生物 Who are you?』という作品です。

その作品の上映会の打ち上げの時に、『温泉しかばね芸者』の台本をもらって、「楽曲を作って欲しいっです」と言われて。でも「お金無いんですよ〜、クリーニング代無いんですよ〜」とか言いよるんですよ、コイツは(笑)。

着物をね、撮影で汚しちゃってたからね。

それで、その時泊まっていた大阪の拠点に『新橋探偵物語』の横山翔一監督(と鳴瀬監督)がやってきて「飛田新地に行きたい」って言って、コイツ(鳴瀬監督)も「行きましょう!」って言うんですよ。「エッ、お前お金無いんじゃないの?」って思ったんだけど、そのお金はあるんです。でも、僕に払う金はないんです。コイツ、すげえ奴だなあって思って(笑)。

ひと:みちゃん、話がブレてない?大丈夫?

でも夜も遅くて店も閉まっていたので、悶々としていて、でもこの監督2人は僕の隣で大きなイビキ掻きながら寝始めたんですよ。

そのディテール要る(笑)?

で、その時にメロディを思いついたんです!でも、2人は寝てるわけじゃないですか。本気で歌うと起こしちゃうから、布団を被って密かに歌ったんです。「辛い〜暗い〜苦しい〜墓場から〜♪」って。ほんで、翌日朝シャワー浴びている時に完全に閃いて。

コワイ、コワイ、コワイ(笑)。

なかなか文字だとこの感じ伝わりにくいと思うので、こちらの動画(ひと:みちゃんが実際に歌っている映像)をご覧ください。

それで、その翌日にライブがあったんですけれども、それで『新橋探偵物語』の横山翔一監督が来てくれて、彼に披露したら「覚えやすいね、これ〜!」ってなって、「僕の映画でも作ってくださいよ」ってなったんです。

話が長い…

でも、やっぱりこの女子の映画で主題歌を僕が歌うってのは違うって思ったんですよ。だから僕は、最初からルビイさんと凪子さんに歌ってもらえたら良いなあって思ってたんですよね〜。

それで最終的には、よくしてもらっているザ・シロップの松石ゲルさんという方に僕の鼻歌を演奏して具現化してもらって、あの楽曲は9割ぐらい彼の手柄ですね、あははは(笑)。

鳴瀬監督が影響を受けた映画作品

真面目な質問に戻りますが、鳴瀬監督が影響を受けた作品はありますか???

急にきましたね(笑)。そうだなあ、一番影響を受けた映画は、大林宣彦監督の『HOUSEハウス』(1977)東映のピンクバイオレンス系映画、それとサム・ライミ監督の『死霊のはらわたⅡ』(1987)とか。

撮影の前に観てって行って、『死霊のはらわたⅡ』を見せられましたね。めっちゃ面白かったです。

あなたは、ブルース・キャンベルなのよって。実は今、俺の師匠の西村喜廣さんがブルース・キャンベルに会いに行っているんです!

え、それお前も行くんじゃなかったの?

いや、ひと:みちゃんはブルース・キャンベルの凄さ、知らないでしょ笑?

わからん、わからん。

ヒーローよ!大スターよ!ハリウッドスターよ!

おお、わかった。次、話進めて。

鳴瀬監督が映画監督を目指したきっかけ

進めます。では、鳴瀬監督が映画監督になろうと思ったきっかけを教えてください。

コイツ、高校の時は演劇部所属だったらしいよ。

そうなんですか?

そうそう。映画監督になろうとちゃんと思ったのは高校生の時で、もともと演じるのが好きで、そこからお話を作る方が好きじゃんってなって、それで気づいたら監督が一番やりたいことになっていたって感じですかね。

そうだったんですね!元々は役者さんから入られたんだ。

主演映画もあるよ。

え!そうなんですか?

あるある。大学2年生の時にピンクVシネに出て、濡れ場をたくさんしたという恐ろしい作品です。『恋愛死体』っていうタイトルなんですけど、まだどこかで見れるのかなあ。

Amazonにありました。

『恋愛死体 ROMANCE OF THE DEAD』

「きんたくん」とかも主演やん。あれも面白くて好き。ドラえもんみたいなお話。

俺も『きんたくん』観て、泣いたしね。

鳴瀬監督の過去作と次回作について

監督の過去作は下ネタのイメージが強いですけど、全部面白いなあと思っています。中でも『巨大生物 Who are you?』は私の一番のお気に入りですね(笑)。

おかしいよね。『巨大生物 Who are you?』が一番好きって女の子が言っちゃダメでしょ(笑)!

では最後に、監督の次回作について教えて頂けますでしょうか?

つい最近『すじぼり』というヤクザドラマを撮影して、それが6月よりU-NEXTで配信予定です。小林勇貴監督・西村喜廣監督・阪元裕吾監督と共に演出を担当していて、お楽しみ頂ける事は間違いありませんので、ぜひ皆さんご覧になってください!!!!!

絶対に観ます!本日は本当にありがとうございました!!!

ありがとうございました!!!

最後は…

という事で、なかなか斬新な形で行われた観客参加型の座談会。

参加された方にとってはかけがえのない思い出になったのではないでしょうか。

そして最後はコレで、締めくくりました。

鳴瀬監督・辻凪子さん・ひと:みちゃん・チア部の皆さま、本当にお疲れ様でした!

ここで!告知をひとつさせてください!

来たる4/20(土)20:40〜元町映画館にて、映画チア部企画・カメ止めスピンオフ『ハリウッド大作戦』がめでたく上映となります!パチパチパチ!!!

カメ止めは観られた方多いと思いますが、こちらのスピンオフ作品はまだご覧になっていない方も多いのではないでしょうか???

折角ならこの機会に、大きなスクリーンで観ちゃいませんか?観ちゃいましょうよ!!!

という事で是非、皆さま20日(土)の夜は元町映画館に足をお運びくださいませ!!!

イベント情報詳細

おしまい

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る