映像制作ノウハウ 2019.7.5

映像制作の絵コンテについて

基本的にスタッフやクライアントとイメージを共有するものですが それ以上に自身の中の映像のイメージが整理されていく事にメリットがあります。

制作者の頭の中にある抽象的なイメージをより具体的に絵コンテとしてアウトプットする事で 考えを整理する事ができます。誰かに意見を聞いたり、客観的に映像全体を把握することができます。

そうする事で更に発想を広がり本当に必要なカットが見えてきたりする事もあります。

複数の人に役割がある場合出来上がりをより具体的にイメージできていた方が、 それぞれ自身の役割に意図を持って当りやすいというメリットもあります。

絵コンテにこだわりすぎない!

実際絵コンテはあってもなくてもいい。

絵コンテは紙と絵、文章の制約を受けることになり 絵コンテ通りに作るとどうしても、単調になりがちになります。

絵コンテに縛られず、実際の現場で発想を膨らまして絵コンテを凌駕していく事で生きてきます。

だいたいこんな感じ程度に考えるのがいいかもしれません。

 

PICK UP

ピックアップ記事

WHAT'S NEW

映像制作・映画に関する新着情報

映像制作・映画に関する記事をもっと見る

RANKING

人気記事ランキング

人気の記事をもっと見る
スポンサードリンク

各種告知や取材依頼などお気軽にお問い合わせください。

クロフネ取材依頼はコチラまで